私の学習スタイル公開します

Holy Oneness 学習スタイル診断 

70249b029b792c5dbbee68c97d744516_s-2

私の学習スタイル公開します

スタッフブログ

2019/08/31 私の学習スタイル公開します

ご訪問、ありがとうございます。

 

学びのスタイルってどういうことがわかるの?

と、なかなかイメージができない方も多いので、こんな風です。というのをお見せします。私の氣質、そして最も効果的に学びやすい優位性は何か?視覚か聴覚か体感覚、いずれが優位か?ということが判明します。

 

img_6920-2

↑これは私の氣質100の中の内訳です。ご覧の通り、問題解決志向の「発明型」と自由に想像性を働かせて楽しく動き回る、「表現実行型」が突出しています。低めなのが「関係・影響型」大勢とわいわいするのは、親しい間柄だとOKだけど、それ以外はけっこう疲れちゃうんですね。そして一目瞭然なのが、「組織的遂行型」が、なんと1しかない・・・これっていわば、学校が求める生徒像なんですね。宿題やる、決められたルールを守る。先生の言うことに従う、ルーテインワークとか・・・。著しく低いのは自分でもわかってましたが、ここまでヒドイとは。で、導き出されるのは、組織が嫌い、群れるのがめんどう、一人で自由に気ままにやりたいわけです。よって、現在フリーランスです。自分らしい働き方を結果的に選んでいますね。

 

img_6921-3

↑これは、私が学ぶときに最も効果的なスタイルです。視覚、聴覚、体感覚、すべて入っています。視覚は活字型とピクチャー型の2つのタイプがあります。うちの子は本を読まなくて・・・と嘆いているママへ、私は漫画や動画ならするっと理解できます。でも文字だけの情報だと全く頭に入らないので、操作マニュアルや教科書、資格本などはことごとく挫折してきたのも納得です。聴覚は聴覚型と発話型(音読)なので、録音して後から聞いて復習すると覚えるし、体感覚型だと、触覚型、全身型、スケッチ型、記述型そして手の感触が得意なので、本業はヒーラーなので、触れるとわかることが多いです。書いて覚えたのも、手を使うということが脳へのインプットに役立ったのだと思います。
私は比較的五感を使うタイプですが、それは珍しくって、わりと偏ってることが多いです。見事に聴覚だけ、とか体感覚だけとかザラです。その優位性が親御さんと違う場合がほとんどなのです。お子さんに合った最適な学習スタイルがわかるとみんな手探りの状態から解放されます。

 

 

img_6924-2

↑才能とは、持って生まれた才能、努力しなくてもできてしまう才能のことを言います。ハワード・ガードナーが提唱した8つの多重知能理論を採用しています。内省的才能とは、自己理解の才能なので、私は一番この才能が高いということになります。はい自分のこと、相当わかってます。何が得意で何が苦手か?よくわかります。だから無駄や失敗が少ないです。以前はそれなりにさんざん失敗してきたわけで、そのためにここまで極めたようです。5以上のものが才能として高いので、自分はどんな才能があるんだろう?っていうのは人と比較した才能じゃなく、その人自身の才能なので、何が強みで何を伸ばせばいいかが一目でわかります。

 

診断でこれだけのことがわかるってすごい!親子で比較するともっとすごいですよ。全然違うの多いです!親の成功体験は子どもには当てはまらない、誰かがいいといった方法が自分には合わない、その通りなのですね。

 

他にもまだあります、一人で部屋にこもって勉強するほうがいいとか、朝9時までは気力が出ない時間帯とか、照明よりも自然光がいいとか、学習するのに最適な環境や、興味があること一覧も出てきます。

 

是非とも親子で、もちろん大人単独でも、これから何かをやりたいと思っている方などにも大変好評いただいています。学びのスタイル診断、いかがですか?

 

今日も笑顔あふれる良い一日になりますように

 

 

Copyright © 2016 All rights reserved
Ikuko Kurosawa Holy Oneness

無断コピー、無断転載を禁止します。

TOP