世界でひとつの花を開花させる学習スタイル優位性診断~お子様の才能/強み発見・わくわく宝探しコーチング~川崎・神奈川・東京・全国

Holy Oneness 学習スタイル診断 

川崎・神奈川・東京・全国オンラインで親子サポート

東京・渋谷から電車で15分、川崎市高津区・梶が谷でホリスティックなカウンセリングやコーチングを行なっているHoly Onenessでは、親子のコミュニケーションのズレにお悩みのサポートに力を入れています。

子どもはお母さんを選んで生まれてきています。そして何よりお母さんを助けることが今世での第一のミッションです。これは断言できます。

かけがえのないお子さんが生まれてきてくれた、ただそれだけがこの上ない喜びだったということを覚えていらっしゃいますか?

わかっていても成長と共にできないことにフォーカスし過ぎたり、人と比べたり、条件をつけたり、時には強迫やコントロールもしてしまいます。大なり小なり全てのお母さんがやっていることです。

子どもは2歳頃の第一次反抗期であるいやいや期には、自我が芽生え、お母さんと自分は別の人格であることに気づき始めます。そして8~9歳から15歳くらいまでの間に、第二次反抗期を迎えます。自分の人格が完成していくプロセスの中で、これからはお母さんの為ではなく、自分の為に生きることを選択していきます。

この移行期に様々なことが起こります。脳科学的にも自分はまだ子どもだ、いや自分はもう大人だ、と葛藤する「依存と自立」を行き来し、脳が誤作動を起こします。

当然ながら自分の為に生きることは、お母さんを捨てるような氣がして、内部では激しく抵抗します。この大混乱をうまく自分でも表現できないので、表に出る態度は反抗的になったり、口数が少なくなったり、無気力になったりします。あるいは感覚が鋭敏になって、不登校に繋がることもあるでしょう。大人はもうそんな自分を忘れてしまっているので、何があったのだろう?と困惑したり、力で抑えようとして口論になったり、親子バトル勃発です。

これはお母さんにとっても最後の審判です。これを乗り越えられるかどうか、今までのお母さん力が試されるときです。それでも渦中にいればしんどい時もあります。そんな時はプロの手を借りてみてください。

一緒に乗り越えましょう!!

どんなお子さんの状況でも受け止めて(無理に受け入れなくてOK)まずは自分軸を安定させましょう。

その為には、お子さんへ働きかけるアプローチ、あるいはお母さんが元気になる為のアプローチ、いくらでも手段があります。双方が、不要な思い込みを解放し、ありのままの自分を受け入れ、心豊かなバランスの良い人生を歩めるよう、実践的な施術・講座・ワークショップ等を提供しています。


メルマガ登録はこちらから

qr20170903

de45309c432029507db7bd2f0cbaf21a_s

Instagramやってます。フォロー大歓迎

02011210_72f

子どものこと、自分のことを知りましょう!

親子バトルがどうして起こるのでしょうか?もちろん子どもの為によかれと思って、やっているはずです。ですが、どこまで子どものことを、あるいはご自分のことを知っていますか? お母さんはご自分の強みや才能を理解して、大人になった今、お仕事や家庭運営に生かせていますか?ひとりひとり、世界にたったひとつの花=個性があります。それを知ることで親子が違う人格であることを知り、各々の人生があることを認知することから世界が変わります。

①子どものことがよくわからない・・・お子さんへ直接的に働きかけるアプローチコチラへ

②お母さん自身がしんどい・・・ご自身へ働きかけるアプローチコチラへ


18493560_1323391784413264_518651328_o

Kindle本とペーパーブックを出版しました

2009年よりイギリスで6年半の日々を過ごし

日々の日常や在英日本人向けの個人セッションの概要から

家族や友人とのエピソードなどを綴ったブログより

まとめました。Kindle本ペーパーブックもAmazonで購入できます。Kindleは1コイン500円、ペーパーブックは1,080円です。

お問い合せはこちらから

皆さまからのお問い合わせ・お申し込みを
お待ちしております。お気軽にどうぞ。

TOP